あどけない話

インターネットに関する技術的な話など

Mac と Windows 間で USB メモリーを使う

30G ぐらいのデータを知り合いに渡すことになりました。その人は、Windows ユーザーで僕は Mac ユーザーです。最近では 32G の USB メモリーが販売されているので、メディアは USB メモリーがよいという結論に至りました。

2G 以上の USB メモリーは、何でフォーマットされているのか調べたところ、FAT32 でした。FAT32Mac でも読み書きできるので、FAT32でもいいのですが、安全を期して NTFS を利用することにしました。

Windows の標準の設定では、USB メモリーNTFS にフォーマットできないようになっています。そこで、「リムーバブルメディアの NTFS フォーマットについて」に書いてある手順に従ってフォーマットします。

MacNTFS を読めますが、書けません。そこで、Paragon NTFS for Mac OS X 6 体験版を試してみました。インストールして、Mac をリブートします。すると、後は何もしなくても NTFS が書けるようになりました。後で気付きましたが、「ディスクユーティリティ」が NTFS でもフォーマットできるようになっていました。アンインストーラーも付いていて、安心です。:-)

注意:Mac で大文字小文字を区別するファイルシステムを使っており、大文字小文字を区別しないと同じ名前になってしまうファイルがあるとします。そのファイル群を含むディレクトリをまるごとコピーしようとすると、そのファイルを発見した時点で、コピーが止まります。(怖かったので、シンボリックリンクは、あらかじめ削除しておきました。)