あどけない話

インターネットに関する技術的な話など

Leopard

遅ればせながら Leopard にアップグレードしました。全体的な印象としては、見た目がさらにおしゃれになったにも関わらず、動作は軽快になりました。偉いなぁ。

Spaces

これで VirtueDesktop が不要になりました。

昔、Epose を使うのが Mac 流、仮想デスクトップなんて要らないと主張している人がいて、Mac 初心者だった僕はそいういうものかと思っていましたが、やっぱり必要だと言うことでしょうね。

ショートカットキーの設定が分りにくくて困りました。たとえば、第二デスクトップに行くのに、僕は「アップル-2」に割り当てたいのです。これは、環境設定/Spaces の「特定操作スペースへの切り替え」でできます。数字で選ぶのは変更できず、どの修飾キーと組み合わせるのかだけが設定できます。
てっきり個々の仮想デスクトップごとに設定できるものだと思っていたので、最初は理解できませんでした。

MacPorts

MacPorts で "port install" すると、configure で終わってしまうようになりました。これは、Leopard にアップグレードインストールしたために古い Xcode が残っていたせいです。てっきり、Xcode はデフォルトでインストールされたのだと勘違いしていました。DVD から新しい Xcode をインストールしたら直りました。

Flash

Leopard とは関係ありませんが、Intel Mac だと Flash が文字化けして困っています。Adobe の方に直接聞いたところ、labs.adobe.com からβ版を入れればよいとのことでした。しかし、10月版はダメ。11月版もダメでした。

Flash だとインライン入力ができないとか、Adobe って Mac にとっても弱いという印象です。。。