あどけない話

インターネットに関する技術的な話など

イヴの七人の娘たち

想像してみて欲しい。小さい頃に百科事典で「世界中のすべてのゴールデンハムスターは、たった一匹のメスの子孫である」という話を読んだとする。大人になって、この信じがたい話を証明できたとしたら、一体どんな気分だろう?

本書は、ミトコンドリアDNAが解き明かす、人類の歴史の物語である。

DNA は両親から受け継ぐ。そのため、ある人の DNA に関与した先祖の数は、代をさかのぼることに 2 倍に増えていく。だから、系譜をたどる目的に DNA を利用することは、通常ほぼ不可能だ。

ただし例外がある。ミトコンドリアの DNA だ。ミトコンドリアの DNA は、母親からしか受け継がない。よって、母の系譜をたどって行くことが可能になる。

著者は、ミトコンドリアDNAを使い、ハムスターに続いて次々と問題を解決していく。

  • ポリネシアの人々は、アメリカから舟で渡って来たのか、あるいはアジアから来たのか?
  • ヨーロッパの先住人類であるネアンデルタール人は、我々の直接の祖先であるクロマニョン人に滅ぼされたのか? あるいは混血したのか?
  • 近東からヨーロッパへ農業をもたらした人々は、先住の狩猟民族を滅ぼしたのか? 逆に共存したのか?

内容は、実に痛快だ。真実の話でありながら、練られた作り話のように、ハラハラドキドキさせられる。科学ファンには、ぜひとも勧めたい書籍である。

イヴの七人の娘たち

イヴの七人の娘たち

イヴの七人の娘たち (ヴィレッジブックス N サ 1-1)

イヴの七人の娘たち (ヴィレッジブックス N サ 1-1)