あどけない話

インターネットに関する技術的な話など

複数のGHCを共存させる

GHC 7.8.1 がリリースされ、type family がうまく扱えない問題が発覚したため、すぐに GHC 7.8.2 がリリースされました。このおかげで Yesod が、うまくビルドできるようになりました。しばらくして、GHC 7.8.3 もリリースされる気配があります。また、一ヶ月を目処に Haskell Platform 2014.2 が出るようです。

こうなると、GHC をうまく共存させてくれる Haskell Platform 2014.2 のリリースを待とうかと思うかもしれませんが、そんな必要はありません。GHC 自体に複数のバージョンと共存できる仕組みがあるからです。

GHC 7.8.2 を試したい人は、気軽にインストールしましょう。GHC 7.8.3 や Haskell Platform 2014.2 がリリースされたら、GHC 7.8.2 は消せばいいのです。ここでは、後で消しやすくするためのコツを紹介します。対象は、Unix 系の OS です。Windows のことは、誰かに任せます。

インストール

GHC 7.8.2のダウンロードサイトから、必要なバイナリを取ってきて展開します。以下、Mac の例:

% wget http://www.haskell.org/ghc/dist/7.8.2/ghc-7.8.2-x86_64-apple-darwin-mavericks.tar.xz
% tar zxvf ghc-7.8.2-x86_64-apple-darwin-mavericks.tar.xz
% cd ghc-7.8.2

ここで、単に configure を実行すると、/usr/local の下にインストールする設定になります。これでだと、インストールするファイルが散らばって、後から消しにくくなります。そこで、例えば /usr/local/ghc-7.8 というディレクトリの下にインストールするように決めます。

% ./configure --prefix=/usr/local/ghc-7.8

次に /usr/local/ghc-7.8 というディレクトリを作ります。僕は、このディレクトリを自分の所有にしています。root の所有でもいいですが、make install するときに sudo を使わないといけません。おかしなことは起りませんが、不安な人は自分の権限でインストールするのがいいでしょう。GHC 自体が自分の所有になっていても、GHC を壊した経験は僕にはありません。

% sudo mkdir /usr/local/ghc-7.8
% sudo chown あなたのアカウント /usr/local/ghc-7.8
% sudo make install

PATH に /usr/local/ghc-7.8/bin を追加すれば、GHC 7.8.2 のインストールは完了です。

削除

削除したくなったら、3つのディレクトを消します。

~/.ghc や ~/.cabal 自体は消してはいけません。こうすれば、~/.cabal/bin 以下のコマンドは残ります。コマンドは、静的リンクされているので、引き続き使えます。ただし、alex や happy のように lib に設定ファイルを置いているコマンドはうごかなくなるので、インストールし直す必要があります。

応用

この方法は、何も GHC 本体を消したい場合だけではなく、cabal でインストールしたユーザライブラリがおかしくなったときにも使えます。~/.ghc と ~/.cabal 以下のサブディレクトリを消せば、一から世界を構築できるようになります。